2009年06月29日

shino山きしんさん 来ヒル


大雨の中、今日はフォト蔵ともだちshino山きしんが

来ヒルされました。

shino山きしん

SHINO山さんは、子供ウェアのセレクトショップに
お勤めの傍ら、にんじんをほおばる
食欲旺盛な娘さんです。

今日もセンスあるセレクトで
嫁の絵美と大喜も大喜び。

018.JPG

大喜もかわいい処はわかっているようで
いつもにまして、笑顔を振りまいていたようで
夜パパが帰ってきても、興奮冷めやらぬご様子。


016.JPG

 
 
 

kishin女史からは、このようなメモリアルチョコをいただきました。



005.JPG

006.JPG

011.JPG

 



この方も激励に!


002.JPG

BIOもよろしく!



 

posted by きーちゃん&絵美ちゃん at 22:01| 福岡 ☔| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

父は・・・

                 
長らく更新してません。

父は与論島(ヨロン島)へ
観光使節訪問団として100名近くのツアーで
訪問して参りました。

先祖の眠るお墓をお参りし
親戚の家にあいさつ周りし

青いサンゴ礁の海では、熱帯魚と縄張り争いをし

夜は町をあげての歓迎を受け
島の黒糖酒で”与論献奉(ヨロンケンポウ)”と呼ばれる
歓迎のイッキ呑みで迎えられ、
酔いが回り出すと陽気な”島唄”と三線(サンシン)の音色に合わせて、
踊り明かす夜を楽しみました。

バイクで島をひと回りすると、
どの海岸も数百メートル先まで遠浅のさんご礁が続き
青い海の中にサンゴに囲まれた島であることが
よくわかります。



初めて逢う親戚・島人の”顔”が
どこぞで逢ったことのある気がするのは
どこかしらDNAがつながっているからでしょう。

島の若い子は弟そっくりです。


ヨロン島の素晴らしさは青い海と夏の青い空はもちろんのこと、
島人の”人”への温かさです。



青い海はうまく表現できだれでもわかることですが
ヨロン島人の心はヨロン島人に逢って触れなければ、わかりません。



次回は妻と息子や
行けるならたくさんの人と一緒に
ヨロン島のもっと深いところまで触れたいと思います。



 

同行した有明新報の菅嶋さんが
連載記事として投稿されます。
機会があったら読んでみて下さい。

写真は次回・・・

posted by きーちゃん&絵美ちゃん at 21:00| 福岡 | Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

月刊「明星」


 明★星 6月号です。


IMG_0007





IMG_0006





IMG







IMG_0005





IMG_0004





IMG_0003





IMG_0001



もっとみたい?











posted by きーちゃん&絵美ちゃん at 20:00| 福岡 ☀| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする